2009年に開催したイベント

「原案の吟味 Ⅱ」検討会

スライド 3

■テーマ「原案の吟味
 
■日程 12月27日(日)12:15~16:45 
 
■場所  田町男女平等参画センター「リーブラ」集会室3 (4階)
 JR田町駅芝浦口 徒歩3分 港区芝浦3-1-47 
 TEL 03-3456-4143
 https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp
 
 
■進め方 
 
 1.事務局説明         12:15~12:30
 
 2.グループ ディスカッション           
   「具体策の方向性」      12:30~15:00
 3.全体ディスカッション    
   「具体策の方向性」     15:00~16:00
   「全体マトメ」          16:00~16:30
 
 3.事務連絡、アンケート等  16:30~16:45
 
 
■参加費  社会人 500円
         学生   無料
※終了後に忘年会も行います
 お時間のある方はどうぞ!!
   予算 社会人 2000円 学生1000~1500円
お申し込みは、①お名前 ②所属 をご記入の上
下記までメールをお願いします。
 
当日連絡先 中山 090-9680-0152

==========================================
==========================================

スライド 3

============ 第14回検討会 ===================
 
■テーマ「原案の吟味
 
■日程 12月27日(日)12:15~16:45 
 
■場所  田町男女平等参画センター「リーブラ」集会室3 (4階)
 JR田町駅芝浦口 徒歩3分 港区芝浦3-1-47 
 TEL 03-3456-4143
 https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp
 
 
■進め方 
 
 1.事務局説明         12:15~12:30
 
 2.グループ ディスカッション           
   「具体策の方向性」      12:30~15:00
 3.全体ディスカッション    
   「具体策の方向性」     15:00~16:00
   「全体マトメ」          16:00~16:30
 
 3.事務連絡、アンケート等  16:30~16:45
 
 
■参加費  社会人 500円
         学生   無料
※終了後に忘年会も行います
 お時間のある方はどうぞ!!
   予算 社会人 2000円 学生1000~1500円
お申し込みは、①お名前 ②所属 をご記入の上
下記までメールをお願いします。
 
当日連絡先 中山 090-9680-0152

スライド 3

============ 第14回検討会 ===================
 
■テーマ「原案の吟味
 
■日程 12月27日(日)12:15~16:45 
 
■場所  田町男女平等参画センター「リーブラ」集会室3 (4階)
 JR田町駅芝浦口 徒歩3分 港区芝浦3-1-47 
 TEL 03-3456-4143
 https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp
 
 
■進め方 
 
 1.事務局説明         12:15~12:30
 
 2.グループ ディスカッション           
   「具体策の方向性」      12:30~15:00
 3.全体ディスカッション    
   「具体策の方向性」     15:00~16:00
   「全体マトメ」          16:00~16:30
 
 3.事務連絡、アンケート等  16:30~16:45
 
 
■参加費  社会人 500円
         学生   無料
※終了後に忘年会も行います
 お時間のある方はどうぞ!!
   予算 社会人 2000円 学生1000~1500円
お申し込みは、①お名前 ②所属 をご記入の上
下記までメールをお願いします。
 
当日連絡先 中山 090-9680-0152

スライド 3

■テーマ「原案の吟味
 
■日程 12月27日(日)12:15~16:45 
 
■場所  田町男女平等参画センター「リーブラ」集会室3 (4階)
 JR田町駅芝浦口 徒歩3分 港区芝浦3-1-47 
 TEL 03-3456-4143
 https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp
 
 
■進め方 
 
 1.事務局説明         12:15~12:30
 
 2.グループ ディスカッション           
   「具体策の方向性」      12:30~15:00
 3.全体ディスカッション    
   「具体策の方向性」     15:00~16:00
   「全体マトメ」          16:00~16:30
 
 3.事務連絡、アンケート等  16:30~16:45
 
 
■参加費  社会人 500円
        学生   無料

※終了後に忘年会も行います
 お時間のある方はどうぞ!!
   予算 社会人 2000円 学生1000~1500円

お申し込みは、①お名前 ②所属 をご記入の上
下記までメールをお願いします。
 
当日連絡先 中山 090-9680-0152

スライド 3

■テーマ「原案の吟味
 
■日程 12月27日(日)12:15~16:45 
 
■場所  田町男女平等参画センター「リーブラ」集会室3 (4階)
 JR田町駅芝浦口 徒歩3分 港区芝浦3-1-47 
 TEL 03-3456-4143
 https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp
 
 
■進め方 
 
 1.事務局説明         12:15~12:30
 
 2.グループ ディスカッション           
   「具体策の方向性」      12:30~15:00
 3.全体ディスカッション    
   「具体策の方向性」     15:00~16:00
   「全体マトメ」          16:00~16:30
 
 3.事務連絡、アンケート等  16:30~16:45
 
 
■参加費  社会人 500円
         学生   無料
※終了後に忘年会も行います
 お時間のある方はどうぞ!!
   予算 社会人 2000円 学生1000~1500円
お申し込みは、①お名前 ②所属 をご記入の上
下記までメールをお願いします。
 
当日連絡先 中山 090-9680-0152

========================================
========================================

「原案の吟味」検討会

スライド 1

2030ビジョンの提案内容を吟味するために、
第13回検討会「原案の吟味」を開催します。
 
これまでの全12回のディスカッション内容を踏まえて、
「目指す国のカタチ」「具体的取組の方向性」原案を事務局で作成します。
これに対して共感できるか/できないか?
もっと良くするにはどうするか?
を議論したいと考えます。
 
ふるってご参加ください。
 
なお、ご参考までに、第12回検討会の配布資料(12月29日バージョン)
をご覧ください。 ・・・「具体的取組の方向性」のラフ纏めがあります。
 
============ 第13回検討会 ===============================
 
■テーマ「原案の吟味
 
■日程 12月12日(土)18:00~21:15 会議室E
 
■場所  田町男女平等参画センター「リーブラ」
 JR田町駅芝浦口 徒歩3分 港区芝浦3-1-47 
 TEL 03-3456-4143
 https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp
 
 
■進め方 
 
 1.事務局説明          18:00~18:05
 
 2. 事務局原案の説明       18:05~18:20
 
 3.グループディスカッション           
  ① 「国が目指すカタチ」   18:20~19:15
  ② 「具体策の方向性」    19:15~20:15
 
 4.全体ディスカッション    20:15~21:00          
 
 5.事務連絡、アンケート等  21:00~21:15
 
★参加される方には、12月10日(木)に原案をメールでお送りします。
 ⇒これをプリントアウトし、一読してからお集まりください。
 
■参加費  社会人 500円
        学生   無料

※終了後に懇親会も予定しております。

お申し込みは、①お名前 ②所属 をご記入の上
下記までメールをお願いします。
2030vision-owner@yahoogroups.jp
または
h.nakayama21@gmail.com

当日連絡先 中山 090-9680-0152

------------------------------------------
 
 

12月6日「GNH哲学を日本にどう活かすか」 公開講演会&交流会

スライド 1

国民総幸福の社会へ向けて~ブータンのGNH哲学を日本にどう活かすか」公開講演会
の後に主催者も一緒に交流会を催します。
 
■「GNHをどう活かすか」交流会
 
 GNH哲学の公開講演会を聴いて、私たちはこれをどう捉えて
 どう活かしていくのが良いか、一緒に考えませんか?
 前半は意見交換、後半は飲み会です。
 
■日時: 12月6日(日)17:30~(20:00)
 
■場所: モンゴル家庭料理 「泉:ボルグ」
     池袋駅西口 1a 出口より徒歩 1分(立教大学方面)
      TEL 03-3590-7556
     地図 
  
■参加者: コーディネーター 佐野淳也 さん 
       パネラー      薗田綾子 さん 他
       公開講演会参加者
 
■予算: 3500円
 
※お申し込みは下記まで
※人数把握の関係上、12月4日(金)夕方までにメールをお願いします。
h.nakayama21@gmail.com


以下はメーンのイベントです。

スライド 2
-----------------------------------------------------------
 
立教大学 21世紀社会デザイン研究科主催公開講演会
国民総幸福の社会へ向けて ~ブータンのGNH哲学を日本にどう活かすか」
 
■日時: 2009126日(日)14001700 

■場所 :立教大学
     池袋キャンパス 7号館7102 教室 

■講師 
 ・平山 修一 氏 (大東文化大学人文科学研究所兼任研究員/「GNH研究所」代表幹事)
 ・薗田 綾子 氏 (株式会社クレアン代表取締役/サステナビリティ日本フォーラム事務局長)
 ・藤田 孝典 氏 (特定非営利活動法人ほっとポット代表理事/社会福祉士)
 ・座波 圭美 氏 (ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)教育協力課、プログラム・スペシャリスト)

【コメンテーター】  北山 晴一氏(21世紀社会デザイン研究科教授/21世紀社会デザイン研究学会会長)
【コーディネーター】 佐野 淳也氏(21世紀社会デザイン研究科特任准教授 21世紀社会デザイン研究学会理事)
 
■対象者  21世紀社会デザイン研究科学生、本学学生、教職員、校友、21世紀社会デザイン研究学会会員、一般

■内容
ヒマラヤ山脈の真っただ中に位置する人口70万人ほどの小さな国ブータン。
チベット仏教を国教とするこの王国が進めるユニークな国家目標「GNH」(Gross National Happiness:国民総幸福)が今、国連始め世界の開発学者や経済学者の関心を集めています。
GNH」は、前ブータン国王が1976年に「GNHGNPGross National Product:国民総生産)より重要である(GNH is more important than GNP)」と唱えたことが始まりでした。ブータンにとっては、昔ながらの生活文化や価値観を大切にすることを改めて確認したとも言える宣言でしたが、それが開発一辺倒で経済成長を追求してきた先進国へのアンチテーゼとして、世界中で大きく注目を集めることとなりました。
今回はブータンに詳しい専門家にじっくりお話を伺い、GNHの思想から日本に住む私たちが何を学び、どのように幸福度の高い社会をつくっていけるのか、ともに考えます。 

■受講料無料 
■申込不要 (広い会場ですから大丈夫です)
 
詳細案内は以下です。
 

「目指す国のカタチ」検討会

 

スライド 1

今の日本は多くの人が将来への不安を感じています。雇用、子育て、年金、医療介護、食料・エネルギー、財政赤字など多くの解決すべき課題があります。これらに対し、短期的な施策はいろいろと講じられていますが、その先の姿がよく見えません。政府からの発信を期待する声も多いですが、国民の視点からも、将来の日本がどんな社会を目指すのかを一緒に考えて 提言していきたいと思います。

GNH(国民総幸福)の視点も含めて、
どのような価値観の社会をつくるのか?
我々の暮らし・コミュニティーをどうするか?
食料とエネルギーをどう確保するのか?
経済と財政をどう捉えれば良いか?
未来を切り拓く教育をどうしていくか?
皆で考えましょう。

参加しやすいように、日程を二つ設けます。
お好きな方に参加してください。
(もちろん、両日来ていただいても歓迎です。
 ・・・議論の内容はそれぞれ異なると思います)

スライド 1

==========================
    第12回検討会
==========================
スライド 1
■テーマ目指す国のカタチ

■日程

 A日程:  11月28日(土)18:00~21:15 会議室C
 B日程:  11月29日(日)14:00~17:15 会議室E

■場所
  田町男女平等参画センター「リーブラ」
 JR田町駅芝浦口 徒歩3分 港区芝浦3-1-47 
 TEL 03-3456-4143
スライド 1
■進め方 
 ① 「2030年の暮らしと社会」GNH軸でディスカッション
 ② 「5つのテーマの方向性」 ディスカッション
 ③ 「全体コンセプト」      ディスカッション
  これまでの検討会纏めをベースに、ディスカッション
   のきっかけとなるレジメを事務局から事前配布します       
  
■参加費  社会人 500円
        学生   無料

※終了後に懇親会も予定しております。

お申し込みは、①お名前 ②所属 ③参加予定日をご記入の上
下記までメールをお願いします。
2030vision-owner@yahoogroups.jp

 

持続可能な循環型農業のあり方=原油150ドル時代の処方箋=

 

スライド 1

スライド 1

20年後の明るい将来を夢見る上では、資源枯渇や食糧危機問題についても
どう対処するのか、具体的なシュミレーションが不可欠ではないでしょうか。
リーマンショックを経て産業構造の変革を迫られるなか、当セミナーでは、
狭い国土の日本にどんな選択肢があるのか、現実を直視したいと思います。

「可能性として否定できない石油価格の高騰に備えて今から何をすべきか」
いたずらに危機を吹聴することで恐怖心を煽ることなく、原理主義的な環境
保全活動に縛られることなく、ピークオイル後に起こるであろう社会問題を
正しく理論的に推測することで、日本を持続可能な循環型社会へソフトラン
ディングさせるシナリオを考えます。

==========================
*日時:11月23日(月・祝)16:15開場/16:30開演~18:30終了予定
*場所:ちよだプラットフォームスクェア505会議室(竹橋駅下車10分)
千代田区神田錦町321 TEL03-3233-1511
  http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
*参加:無料(申し込み先着30名で締め切ります)

*申込方法
 ・所属団体(社名)/・氏名を加筆したうえ
  manager@blog-headline.jp へメールでお申し込みください。

*内容
1)基調レクチャー〔16:3517:00〕「真実味を帯びてきたピークオイル」
  ・中山 弘氏(2030ビジョン主宰/もったいない学会会員)
2)パネルディスカッション〔17:0018:15〕「アフターピークオイル農業」
 *モデレーター
  ・篠原 信氏(独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構主任研究員)
 *パネラー
  ・森 摂氏(オルタナ編集長)
  ・加藤 久人氏(懐かしい未来サティシュ講演会実行委員長)
  ・アントニーF.F.ボーイズ氏(もったいない学会)
 3)会場と意見交換/質疑応答〔18:1518:30〕特別ゲスト紹介も行います。

=登壇者略歴=
・中山 弘氏
 1946年生まれ。本田技研にて研究開発、商品企画、事業企画、
  経営管理など多彩な業務を経験。
 2008年から2030ビジョンプロジェクト「一般国民(生活者)の視点で
 日本の将来ビジョンを考え、
皆で共有し実現する」活動を主宰。

・篠原 信氏
 1971年大阪生まれ。京都大学農学部進学。同大学院博士課程修了。
富山県立大学で
1年間助手を勤めた後、2000年から愛知県武豊町の「独立行政法人 農業研究機構野菜茶業研究所」に所属。

・森 摂氏
 環境とCSRと志のビジネス情報誌「オルタナ」編集長。環境や健康、CSR(企業の社会責任)など、新しい(オルタナティブな)ビジネスの価値観で動く企業を積極的に報道するだけでなく、こうした企業と 連携し、コミュニティをつくり、相互交流を図ることをミッションとする。

・加藤 久人氏
 1957年東京生。立教大学文学部仏文科卒業。有限会社バショウ・ハウス主宰。
 環境、エネルギー、温暖化対策、リサイクル、雇用などに関する執筆活動を通じて、21世紀のライフスタイルを提案している。NPO法人懐かしい未来サティシュ講演会実行委員長。

・アントニーF.F.ボーイズ氏
 1951年英国ロンドン生まれ。サウス・バンク大学で化学工学を学んだ後来日。
 茨城キリスト教大学英語英米文学科を卒業後、筑波大学大学院地域研究研究科で中国の農村経済を研究し修了。 茨城キリスト教大学短期大学部英語科教授、和光大学経済学部教授を歴任。
 退職後、1年間タイのチェンマイを拠点にカレン族の農業と文化の調査を行う。
 現在は茨城県常陸大宮市の自宅で農業とフリーランスの翻訳・通訳業をしながら、東北大学大学院農学研究科非常勤講師を務める。


*主催:持続可能な生活を考える会(任意団体)
*後援
・ワールドシフトジャパン(一般社団法人設立準備中)
(参考:WORLDSHIFThttp://worldshift2012.jimdo.com/) 
・オルタナ(環境系雑誌社)
・サステナビリティ日本フォーラム(NPO法人)
・ミレニアムシティ(NPO法人)
・2030ビジョン(任意団体)
 

★10月31日「経済の全体像」検討会

スライド 3
2030ビジョンプロジェクトのコンセプトは
「経済成長に頼らなくても、人々が幸せを実感し将来に希望を持てる社会」
を実現することです。

そこで、どういう社会を目指すかを考えるために。
経済の全体像」をテーマにした検討会を開きます。

ここでいっている「経済」は単にお金の話ではありません。
「経済」=「経世済民」・・・”世をおさめ、民をすくう”という意味です。
皆が何で稼ぎ、どう使い、そして人々の暮らしはどうなるのか?
どういう社会を目指すのか?
を一緒に考えてみましょう。

■日時: 10月31日(土)19:00~21:00

■場所: 田町リーブラ 集会室3
スライド 3
             山手線田町駅 芝浦口 徒歩3分
     TEL 03-3456-4143  港区芝浦3-1-47             
                
https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp

スライド 3
■参加費: 一般 500円
             学生 無料

※終了後に懇親会も予定しています

お申し込みは下記まで
または 
当日の連絡先 090-9680-0152中山

詳細案内は以下をご覧ください
 ↓  ↓  ↓

10月31日検討会「経済の全体像」再案内
10月31日「経済の全体像」検討会再案内.pdf
PDFファイル 70.5 KB

10月23日交流会(フリーミーティング)

10月23日(金)19 時から
”交流会(フリーミーティング)”を開きます。
 

 

スライド 1

 

2030ビジョンプロジェクトに関心を持っている人たちは
「世の中をなんとか良くしたい」
「将来に希望の持てる国にしたい」
という想いで参加しています。
 
今回はいつもの検討会とは違って、
特定のテーマで議論するのではなく、
日本の未来をどんな国にしたいか、
自由に意見交換したいと思います。
ふるってご参加ください 
 
◎日時 10月23日(金) 19:00~21:30
 
◎場所 「サイゼリア」西早稲田店 パーティールーム
   東京都新宿区西早稲田2丁目1−23‎  TEL03-3202-8600
   東西線「早稲田」駅徒歩4分 
 
 
◎参加費 一般 2500円
     学生 1500円
 
お申し込みは下記まで、
お名前、所属、連絡先を添えてメールください。
または
スライド 1
当日連絡先 中山 090-9680-0152

地図つき詳細案内をご覧ください。

=============================================================


「未来を創る教育のあり方

スライド 1

==========  第10回検討会 =====================
 
■テーマ 「未来を創る教育のあり方
 
   国の将来を決めるのに教育は大きな役割を果たします。
   日本の教育はこのままで良いのでしょうか?
   「ゆとり教育」から「学力向上」へと舵を切ろうとしていますが、
   ほんとにこれで十分なのでしょうか?
 
   本来、教育は「生きる力」=「考える力」
   社会について考え、自らの未来を切り拓く力をどのように育む
   べきか?
   ポスト大学全入時代に教育が目指すもの、何を学ぶべきかに
   ついて、
教育の原点に立ち返って考えてみたいと思います。
 

■日時: 10月10日(土)18:00~21:00
              開場 17:40
 
■場所: 新橋「バルーン」生涯学習センター 305学習室
        (新橋駅烏森口より徒歩2分) TEL 03-3431-1606
     http://www.enjoytokyo.jp/NT002Map.html?SPOT_ID=l_00004306
 
■進め方
  
1.パネルディスカッション    18:00~19:10
 
  「日本の教育の課題と未来を創る教育のあり方」
 
 ≪パネラー ≫
 ◎中山 弘  (2030ビジョンプロジェクト 代表)
    自動車メーカーを定年退職後、当プロジェクトを推進中。
    ① 企業での研究開発、商品企画、経営管理等の実務経験、
    ② 専門学校の経営、さらに ③大学入試の一般受験体験
    を通して、現在の日本の教育に疑念を抱いています。
    「社会に役立つ教育」のあり方を考えてみたいと思います。
    
 ◎ 古田雄一   (東大教育学部3年・「わかもの科」企画)
    東京大学教育学部の3年生で、教育を学びながら日々活動中。
    受験勉強だけじゃない、今必要な学びが、あるんじゃないか
    もっと多くの若い世代に、社会のことに関心を持ち、考えてほしい
    そんな思いのもと、新しい学びのかたちを作り広げる第一歩として、
    高校生を対象に「わかもの科」というプロジェクトを立ち上げ、
    活動中です。
 
 ◎ 新井征太郎  (明聖高校地歴公民科教師)
    全校生徒の8割が中学不登校の高校で、専任教員3年目。
    生徒の「学ぶ意欲」や「物事へのモチベーション」を上げるには
    どうしたらよいか。一度電源が切れた、彼らの「心のスイッチ」
    をオンにするにはどうしたらよいか。
    これらを課題と感じ、日々働いています。
 
 ◎ 黒沢一樹   (NPO法人若者就職支援協会理事長)
    税理士法人で働く中卒サーラリーマン。そして、社会企業家。
    このような私からみた、現代社会のもつれを紐解いていきたい。  
    『高学歴=安定』が成り立たなくなってきている昨今の日本の
    現状をもとに、
教育の在り方を考えていきたいとおもいます。
 
2.ディスカッション   19:10~21:00
 
 1)グループディスカッション  19:10~20:20
 
 ≪テーマ案≫
   ◎ 他の人たちや社会に関心を持ち、考え、
      主体的に行動する人たちをどう育むか?
 
   ◎ 学ぶことや学校そのものに興味を失う人たちを
     作らないようにするにはどうしたらよいか?
 
   ◎ 真に社会で役立つ人を育む教育の仕組みは?
     高等教育や試験制度はどうあるべきか?
 
  2)ディスカッション共有・纏め 20:20~21:00   
 
■参加費:無料
 
■定員: 40名
 
※終了後に懇親会も開きます。
 
参加希望の方は、
お名前、ご所属を添えて、下記までメールください。
2030vision-owner@yahoogroups.jp  
または h.nakayama21@gmail.com  
 
当日連絡先 中山 090-9680-0152

「福祉と財政の両立」検討会

 

スライド 1

■テーマ 「福祉と財政の両立
 
■日時: 10月3日(土)18:00~21:00
 
■場所: 新橋「バルーン」生涯学習センター 304学習室
        (新橋駅烏森口より徒歩2分) TEL 03-3431-1606
 
■進め方
 1.プレゼンテーション 18:00~19:00
 
   1)イントロ  「テーマ概要」        
       中山
弘 (“2030ビジョンプロジェクト)
   2)「財政赤字のどこが問題なのか?」  
       濱田
秀明 氏 (財務省)
   3)「子ども家庭政策の問題点と解決策」  
       赤尾美也子氏
(ママ・ジョブ 広報)  
 
 2.ディスカッション   19:00~21:00
 
   1)グループディスカッション  19:00~20:20
    ≪テーマ案≫
   ◎日本の財政赤字をどう捉えるか? どうやって解決するか?
   ◎出産、子育て、待機児童、扶養手当など、子育てをどう充実させるか?
   ◎福祉充実と財政赤字解決の両立策は?
   
   2)ディスカッション共有・纏め 20:20~21:00
 
参加費 無料
終了後に懇親会も予定しております。 

★参加を希望される方は下記アドレスに、
  お名前、所属、を添えてお申し込みください。
  2030vision-owner@yahoogroups.jp  または h.nakayama21@gmail.com

 

「低エネルギー社会を考えよう!」フォーラム 第2回

9月27日(日曜日)、お台場の産業総合研究所別館にて、
「低エネルギー社会を考えよう!」フォーラムの第2回目を
もったいない学会と一緒に開催いたします。


今回のテーマは、「低エネルギー社会のライフデザイン」です。

石油ピーク論はご存知だと思いますが、石油ピーク後の
「低エネルギー社会」においても「心豊かに」そして「幸せに」
暮らしていくにはどうしたら良いかを考えたいと思います。


日時:2009年9月27日 (日)  13:30~17:00
場所:産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館(11階)会議室
   東京都江東区青海2-42
  (最寄り駅:ゆりかもめ「テレコムセンター」から徒歩5分

       /りんかい線「東京   テレポート」から徒歩15分)
参加費:無料

 

詳細はこちら

 http://www.mottainaisociety.org/low_e/event/20090927/event20090927.htm

9月18日「人が活き活きする国づくり」ワークショップ

スライド 1

==================================================
第8検討会「人が活き活きする国づくり」ワークショップを開催します。

子育て、雇用、介護、起業、コミュニティーに関心がある方、
奮ってご参加ください。
 
---------------------------------------------------------------
  政権交代が起きましたが、政権に期待するだけでなく、
私たち一人ひとりが社会に対する
意識を高めて自ら行動
して行くことが大切だと思います。
 
 当プロジェクトの検討会はグループディスカッションを
メーンとしていますが、今回は
◎個人が自立し価値観を変えて、自己実現が可能な社会をどうつくっていくか
◎地域社会が自立して持続可能なコミュニティをつくるにはどうしたらよいか
ということを考えたいと思います。

スライド 1
==== 第8回 検討会 (ワークショップ) =====

■テーマ  「人が活き活きする国づくり」
      = 生きがいの持てる地域/街づくり
 
日時: 9月18日(金) 19:00~21:15
                                 
場所: 田町男女平等参画センター「リーブラ」 4階 学習室 C    
  田町駅東口 徒歩2分  TEL 03-3456-4143
    〒108-0023 港区芝浦3-1-47
  https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp
 
進め方
 第一部 プレゼンテーション 19:00~19:40
   ① 人が活き活きする社会とは   ・・・中山 弘 
      [求める社会像と生きがいの持てる地域/街づくり]

     地域コミュニティの可能性      ・・・菊池 真紀子
      [コミュニティビジネスで地域を元気に]

↓ ↓ ↓プレゼン資料
 
 
地域コミュニティの可能性.pdf
PDFファイル 268.5 KB

第二部 ディスカッション   19:40~21:15

 
  1) グループディスカッション 19:40~20:40
    地域の中でライフサイクルがまわるしくみづくり
      (出産⇒子育て⇒就職⇒結婚⇒介護)
      =衣食住医職教を中心に=

    ≪テーマ案≫
     ① 出産子育てしやすいまちづくり  (若者が結婚して住みたくなるまち)
     ② 地域資源を活かした新しい職づくり  (地域起業、再チャレンジ創業)
     ③ 住み慣れた場所で安心して暮らせるしくみづくり
                                                         (75歳過ぎても活き活き社会参加)
 
  2) ディスカッション結果の共有と纏め 20:40~21:15
 
参加費 無料

終了後に懇親会も予定しております。
 
★参加を希望される方は下記アドレスに、
 お名前、所属、を添えてお申し込みください。
 または 

 当日の飛び入り参加も歓迎します。

9月12日(土)第7回検討会 「食とエネルギー」

 
今回は「食料」をフィーチャーして日本の現状と課題を
明確にしたうえで、解決の方向性を議論します。
そしてグループディスカッションでは
以下のようなことを考えたいと思っております。
 
・農業の付加価値向上による産業競争力アップ。
・中山間地農業の維持、確保
・地域の農業を元気にする方法
・WTOに対する競争力確保
・低エネルギー時代の農業
・化学肥料、農薬に頼らない農法
・林業の再生 落ち葉活用 バイオマス活用
・北から南までエリア毎に
 「食 エネルギー 産業」戦略つくり
などなど
 
ふるってご参加ください。
どうぞよろしくお願いします。
 
2030ビジョンプロジェクト
中山 弘
http://www.2030vision.jp
 
************** 第7回検討会 ***************
 
■テーマ 「食とエネルギー」
 
日時:9月12日(土) 18:30~21:00
 
場所: 田町男女平等参画センター「リーブラ」 4階 集会室3
   田町駅東口 徒歩2分  TEL 03-3456-4143
   〒108-0023 港区芝浦3-1-47
   https://shisetu.kissport.or.jp/user/jsp/intro/RSIU600.jsp
 
進め方
 第一部 プレゼンテーション 18:30~19:20
 
   「食料とエネルギーの自給率と課題」  ・・・中山
   「化学肥料に頼らない農業の可能性」 ・・・篠原
   「これからの農業政策の考え方」         ・・・佐藤ゆみ
 
 第二部 ディスカッション   19:00~21:00
 
   ・グループディスカッション
   ① 食料自給率を高める方策
   ② 農地と農家を確保する方法
   ③ 地域毎「食とエネルギー」
 
  ・ディスカッション結果の共有と纏め
 
参加費 無料
 
お時間のある方は終了後の懇親会にご参加ください。
 
★参加を希望される方は下記アドレスに、
  お名前、所属、を添えてお申し込みください。
 2030vision-owner@yahoogroups.jp
  または
 h.nakayama21@gmail.com
第7回「食とエネルギー」中山プレゼン 20090912.pdf
PDFファイル 3.5 MB

第六回検討会「世代間格差と福祉制度と財政赤字」

9月5日(土)夜に検討会を開催しますのでご案内いたします。
 
テーマは「世代間格差と福祉制度と財政赤字」。
⇒8月初めのBNJでプレゼンしましたがさらに内容を掘り下げます。
 
(ご参考までに、BNJでの配布資料pdf.を下のほうに添付します。)
 
今回は「世代間格差」をフィーチャーし、
その現状と課題を再認識した上で解決の方向性をディスカッションします。
 
そこで、ワカモノマニフェスト策定委員会の小林庸平さんから、
まず「世代間格差」についてのプレゼンをいただきます。
小林さんは先ごろ、ワカモノマニフェストを発表しましたので、
ご存知の方も多いと思います。
 
世代間格差については、対立を強調するのではなく、
アラハタ、アラサー/ロスジェネ、アラフォー、
シニア/アラカン、いろんな世代でワイワイと議論して、
相互理解を深めつつ解決策を見出したいと思います。
 
ちなみに ”アラハタ”は魚の名前ではなくて”アラウンド・ハタチ”、
”アラカン”は嵐寛寿郎ではなくて”アラウンド・カンレキ”です (笑)
 
それから、このテーマは幅が広いし深いので、
継続して検討会を開く計画です。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
”2030ビジョン”事務局
中山 弘
 
 
*********** 第6回検討会 ************************
 
■テーマ 「世代間格差と福祉制度と財政赤字」
 
■ 日時:9月5日(土) 18:00~20:45
 
■ 場所: 田町男女平等参画センター「リーブラ」 4階 学習室C
   田町駅東口 徒歩2分  TEL 03-3456-4143
   〒108-0023 港区芝浦3-1-47
 
■ 進め方
   
 第一部 プレゼンテーション 18:00~18:45
 
  ・「世代間格差の現状と課題」 小林庸平さん
 
  ・「BNJ提案内容の紹介」    PRJ若者チーム
 
 第二部 ディスカッション   18:45~20:45
 
  ・グループディスカッション
    ~世代間格差の課題と解決策
    ≪テーマ案≫
     ① 受益と負担の差をどう減らすか
     ② 将来へのツケ回し(財政赤字)をどう解決するか
     ③ 医療・介護・年金をどう解決するか
     ④ 雇用・給与をどう考えるか
 
  ・ディスカッション結果の共有と纏め
 
■ 参加費 無料
 
■ 定員 40名 (お早めにお申し込みください)
 
■ 終了後に田町駅近くで懇親会を催します。
  一般 3000円  学生 2000円 
 
★参加を希望される方は下記アドレスに、
  お名前、所属、懇親会出欠を添えてお申し込みください。
  または
BNJプレゼン配布資料
8月2日BNJ「真夏のポリシーフェスタ」配布資料です。
プレゼン第一弾ですから、まだ粗削りです。
⇒今後の検討会で熟成させていきます。
BNJ配布資料 20090802A.pdf
PDFファイル 301.6 KB

「低エネルギー社会を考えよう!」フォーラム 第1回

詳細プログラム
   http://www.mottainaisociety.org/low_e/event/20090809/event20090809.htm

日時:8月9日(日)13:30~17:00 

■ 場所:産業技術総合研究所臨海副都心センター別館11F、 会議室1(11205~6室)        
  お台場テレコムセンター 下車徒歩3分

  http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tokyo_waterfront/tokyo_waterfront_map_main.html

■テーマ:「石油ピークとは何か」

■進め方:
  1.プレゼン&質疑  13:30~ 14:30 
   = 大久保泰邦氏 (産総研 Mo学会監事)        
    ・石油と石油以外のエネルギー資源の将来
     
    ・温暖化とエネルギーの関係

  2.討論  14:45~ 17:00        
    ・グループディスカッション       
       「エネルギーピークを信じるか?」       
       「エネルギーピークだとしたらどんな影響があるだろうか?」    
    ・ディスカッション結果共有+質疑   
■参加費: 無料

★ 会議終了後、交流会を開催(参加費1000円)

お申し込みは下記より
http://www.mottainaisociety.org/form/090809/


受付メールは配信しませんが登録はされます。安心してご来場ください。


終了した関連するイベント

 

Brand New Japan 真夏のポリシーフェスタ
~総選挙直前、歴史の1ページを開く若手討論会~


日 時:    8月 2日(日) 13:45~16:30(開場13:20)
場 所:    アルカディア市ケ谷 4階「鳳凰」
http://www.arcadia-jp.org/access.htm
参加費:    一般2,000円 未成年・大学生1,000円
参加者:     みずから社会課題の解決に取り組む大学生、会社人、
研究者、政策関係者等

進行(予定):
13:45~14:00     開会挨拶、BNJの最近の動きなど

14:00~15:20     政策クイズ&インタラクティブ・プレゼンテーション
<テーマ:順不同>
●女子大生による「世代政党」結党の取り組み
●道州制について
●世代間格差と福祉制度と財政赤字
●ワカモノ・マニフェスト進捗報告
●医療のあり方について
●政策市場の構築について

15:20~15:40     休憩・懇親タイム
15:40~16:10     TALK LIVE「大学生と政治の関わり ほか」
(ivote、ドットジェイピー)
16:10~16:30     会場からのコメント、総括

実施体制:
主催 Brand New Japan(BNJ)
共催 ivote、ドットジェイピー
協力 株式会社オルタナ

呼びかけ人(7月16日現在):
小池洋次、児島剛、小林哲也、坂田顕一、鈴木崇弘、高橋茂、原田謙介、間中健介(五十音順)

お申込み方法:BNJのwebサイトより
http://bnj.jp/archives/647
 

----------------------------------

 

”2030ビジョン”テーマ検討会
  「世代間格差と福祉制度と財政赤字」


日時: 7月29日(水) 19:00~21:20

■ 場所: 田町「リーブラ」 男女平等参画センター 第3会議室
   〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目1番47号
   JR山手線、京浜東北線田町駅東口 徒歩3分
   電話:(代表)03-3456-4149
   http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/danzyo/danzyo/index.html

■ 進め方
  8/2 のBNJイベントにおけるプレゼン内容の検討・仕上げを行います。
  
1)現状認識の共有
    ・世代間格差 (年金給付、貯蓄/債務 など)
    ・福祉予算 (育児、医療、介護、年金 など)
    ・財政赤字 (累積、単年度、など) 
  2) 2030年の予測
  3) ソリューションの方向性
  4) ディスカッション
  5) まとめ

■参加費 無料

■終了後について
  懇親会を予定していますが、
  発表予定者(吉岡、蔭木ほか)は、内容のまとめに時間を割く可能性があります。
  あらかじめご理解くださいますよう、お願いいたします。

■お申し込み
 2030vision-owner@yahoogroups.jp まで

-------------------------------

 

”2030ビジョン”第五回検討会

日時: 6月28日(日) 17:30~20:30
(開場 17:15)

場所: タワーホール船堀 4階 401会議室

  地図http://www.towerhall.jp/4access/access.html
   (都営新宿線 船堀駅徒歩1分)
   (参考: 神保町~船堀 20分  新宿~船堀 30分(急行))
  連絡先 090-9680-0152

進め方:

1. ミニプレゼン: 17:30~18:15
     [テーマ]        [プレゼンタ

 ① 『住民の政治参加への新しい姿』  旭岡 勝義 氏(社会インフラ研究センター)
 ② 人的資源農業の関わり』  篠原 信 氏  (農研機構)
  『未来を創り出す教育のあり方』   ”教育分科会
   人が活き活きする国づくり』   2030ビジョン事務局

 2.グループディスカッション 18:15~ 20:00

  住民の政治参加   (フューチャーセンター、情報リテラシー、政策評価など)
 人的資源農業 (人的資源をどう増やすか 農業をどう活かすか など)
  未来を創り出す教育 (教育の目標、課題と取組み、解決策)
  人が活き活きする国 (子育て、結婚、働き方、医療・介護 など)
3.ディスカッション纏め 20:00~20:30
 ・グループディスカッション 共有
 ・2030ビジョンの今後の進め方

参加費:無料

参加者: 2030ビジョンに関心のある方、50名ほど
 (学生、民間企業、官僚、NPO、フリーター、農業、主婦、

  教員、シニアなど 多彩なメンバーです。 20代~60代)
 

検討会終了後、近くの居酒屋「魚民」で懇親会もセットしました。

 会費: 一般3000円   学生 2000円


終了した関連するイベント

 

持続可能な国づくりの会主催 
徳島県上勝町 「笠松和市町長 講演会」

『世界のモデル・・・“持続可能なまち”を目指して!』
日時:2009.7.19(日)13:00~16:30


会場:横浜市スポーツ医科学センター 大研修室 定員100名
http://www.yspc.or.jp/ysmc/access.htm


受講料:会員1,000円

申込:お申し込みは以下のフォームからお願いします。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P5485478
もしくは、事務局あてに参加者名、ご連絡先をお知らせください。
jimukyoku@jizokukanou.jp


詳しい案内はHPをご覧ください。
http://jizokukanou.jp/katudou.aspx


笠松和市氏
徳島県勝浦郡上勝町長。上勝町で生まれ育ち、
町役場勤務の後、01年に町長就任、09年3選。第三セクター(株)いろどりほか
三社の代表取締役を務める。

■上勝町
「ゼロ・ウェイスト宣言」により現在約80 %のごみを再資源化。
つまものの彩農場いろどり等で全国的に有名。多数の視察者が訪れる。
第3回マニフェスト大賞共通部門特別賞・地域環境政策賞(08 年)他受賞多数。